【総まとめ】新空港占拠12人の獣の正体予想!画像比較と確定キャストも全て紹介

話題沸騰中のボカロ曲「メズマライザー」とは?意味深な歌詞を徹底考察

今、ネット上で多くの話題を集めている「メズマライザー」という曲をご存知ですか?

「メズマライザー」とは、2024年4月27日に動画配信サイトのニコニコ動画に投稿されたボーカロイド(以下ボカロ)の曲です。

投稿直後から癖になる音調と意味深な歌詞が大勢の人の関心を惹きつけ、国内外問わず大きな反響を呼びました。

ボカロの枠を超えた想像以上の人気ぶりに、投稿から約3週間が経過した今でも驚異的な勢いで再生回数を伸ばし続けています。

そんな話題沸騰中のメズマライザーとは、一体どのような曲なのでしょうか。

今回はそんなボカロ曲のメズマライザーについて、

・メズマライザーとはどんな曲?
・意味深な歌詞にはどんな意味が込められている?

等を中心に、徹底的に解説していきたいと思います。

目次

ボカロのメズマライザーが大人気で話題沸騰中!

日本国内のみならず、海外からも非常に高い人気と評価を得ているメズマライザー。

ボカロの曲であるメズマライザーとは、一体どのような曲なのでしょうか。

まず初めに、現在世界中で大バズり中のメズマライザーの基本情報を紹介します。

メズマライザーとは?

ボーカロイド:初音ミク、重音テト
作詞・作曲:サツキ
リリース日:2024年4月27日
MV制作:channel

メズマライザーを作成したのは2019年よりボカロの作曲活動を始めた投稿者・サツキさんで、過去には2023年に投稿した「CIRCUS PANIC!!!」が100万回再生を記録しました。

サツキさんは2024年2月頃より、「型を破るためにあえて型に嵌まった曲を作ろう」と考えたことが、今回のメズマライザーを作曲したキッカケになったそうです。

その際にTwitterで相互フォローの関係だった動画制作者のchannelさんにMVを依頼。

こうして二人の協力のもと、メズマライザーは完成して世に公開されることとなりました。

ボカロ史に残る異例の1000万再生を記録

メズマライザーのMVの投稿からわずか13日後の2024年5月11日、動画の再生回数は1000万回を突破しました。

この数字はこれまでのボカロ史の記録を大きく塗り替えるもので、2023年に投稿された「寝起きヤシの木」をも上回る史上最速の速さでの1000万回再生となります。

投稿から短期間で大バズりしたメズマライザーは、日本のボカロファンの垣根を超えており、海外からのアクセス数もかなり多いそうです。

これまでの日本国内外からの反響を見る限り、まだまだ再生回数の衰えは訪れそうにありません。

まさにこれまでのボカロ曲とは一線を画す、世界中の人々に影響を与える歴史的なボカロ曲になるのではないでしょうか。

意味深な歌詞の真意は?メズマライザーの歌詞を考察してみた

メズマライザーの魅力として、万人に受けしやすいポップなテンポや初音ミクと重音テトの個性を最大限生かした曲調など、様々な要素が挙げられています。

しかし最大の魅力は、可愛らしい曲であるメズマライザーの雰囲気とは一変した意味深な歌詞ではないでしょうか。

そもそも曲名である「メズマライザー」とは、催眠術を駆使する催眠術者や大勢の人を魅了する人、といった意味を持つ単語です。

その単語の通り、メズマライザーは初音ミクに対して催眠を提案する重音テトの様子が描かれていました。

では、その意味深は歌詞にはどのような意味が込められているのでしょうか。

ここからは、メズマライザーの歌詞の考察をしていきましょう。

メズマライザーはネット社会の危険性を訴えている?

ボカロ,メズマライザー,考察
引用:人民日報

MVの再生回数が増えるにつれて、ネット上にはさまざまなメズマライザーに関する考察が投稿されています。

細部に違いはあれど、大まかな本筋としてはメズマライザーは現代のネット社会に蔓延る危険性を訴えている動画だと認識されているようです。

MV内では自身の感情を押し殺して現代社会で生きている初音ミクに対し、重音テトがさまざまな逃避策を提案している様子が伺えます。

歌詞にもある「逃避」や「甘美な罠」等は、ネット社会を指す言葉だとされているんです。

現代社会で生きることに疲れを感じた初音ミクは、重音テトから紹介された逃避術である「ネット社会」に次第に入り浸るようになり、最終的にはその世界を受け入れてしまいます。

タイトルであるメズマライザーの直訳は「催眠術者」だと紹介しましたが、その催眠術とはネット社会へ逃げ込む現実逃避を意味しているのではないでしょうか。

スマホやタブレットの普及により、現代社会ではネット依存症が世界的な問題になりつつあります。

可愛いキャラクターとアップテンポな曲調のメズマライザーですが、実際にはネット依存に陥ってしまった二人の様子を風刺している楽曲だといわれているようです。

こうしたいわゆる奥深いテーマが隠れている点も、大勢の人を惹きつけるメズマライザーの魅力だといえるでしょう。

さまざまな考察について、作曲者もコメントを出している

ボカロ,メズマライザー,考察
引用:YouTube

投稿直後からさまざまな考察で盛り上がっているメズマライザーですが、作曲者であるサツキさんもこの件に関してTwitter上でコメントを出していました。

サツキさん曰く、メズマライザーの考察をするのは問題とのことですが、自身の過去曲に関するこじつけなどは控えてくださいとのこと。

あくまでメズマライザーはメズマライザーだけの世界観であって、他の楽曲とは関係がないということになります。

考察をし、SNSに投稿するのは問題ないと思いますが、あくまでメズマライザーのみの考察にするよう注意しましょう。

まとめ

以上、今回は大人気沸騰中のボカロ曲であるメズマライザーについて紹介しましたがいかがでしたか?

本記事で紹介した内容を最後に大まかにまとめると、

・メズマライザーとはどんな曲?
→初音ミクと重音テトのボカロ曲
・意味深な歌詞にはどんな意味が込められている?
→現代ネット依存症に覚えれていく姿を描いた曲だといわれている

となります。

一度聞いたら耳に残りやすい楽曲なだけではなく、本記事で紹介したような隠れたメッセージ性もまたメズマライザーが世界中の人の心に響いた理由ではないでしょうか。

ボカロの垣根を超え続けていくメズマライザーが一体どこまで再生回数を伸ばしていくのか。

今後の伸び代にも期待が寄せられています。

目次
閉じる