【総まとめ】新空港占拠12人の獣の正体予想!画像比較と確定キャストも全て紹介

松木玖生がパリ五輪メンバーから落選!落選の理由は海外移籍?移籍の噂について調査

日本サッカー協会は2024年7月3日、7月24日から開幕するパリ五輪に向けたU-23日本代表の本戦メンバー18名を発表しました。

パリ五輪アジア予選を勝ち抜いた際のメンバーが順当に選ばれている一方で、代表の主力選手であり所属先のFC東京でも大活躍を見せていた松木玖生選手はまさかの落選。

U-23日本代表では中心選手としてこれまでに召集されていただけに、松木玖生選手の落選には驚きの声が上がっていました。

直近のJリーグの試合にも出場しており、怪我の様子もなさそうなだけに何故松松木玖生選手はU-23日本代表のメンバーから外れたのでしょうか。

今回はパリ五輪本戦に挑むU-23日本代表メンバーから落選した松木玖生選手の、

・落選理由は?
・今夏の移籍先の最有力先はどこ?

などについて紹介していきます。

目次

パリ五輪に挑むサッカー日本代表のメンバーが発表!

7月24日にパリ五輪の初戦で南米の強豪・パラグアイと対戦するU-23日本代表。

そのパリ五輪本戦を戦うメンバー18名が7月3日に発表され、藤田譲瑠チマ選手や細谷真大選手などを筆頭に、ほぼ事前の予想どおりのメンバーが名前を連ねていました。

今回のメンバー発表の際に注目されていたOA枠は、本田圭佑選手らが選出された2008年の北京五輪以来となる0名。

パリ五輪はアジア予選を勝ち抜いたメンバーを中心に、23歳以下の選手たちだけでパリ五輪本戦を戦うことになります。

OA枠を使用しないことにも驚きが集まりましたが、それ以上に話題を集めたのは絶対的な中心選手だった松木玖生選手のパリ五輪本戦メンバーからの落選でした。

今季絶好調の松木玖生が衝撃の落選

パリ五輪本戦を賭けたアジア予選の意味合いも兼ねたAFCアジア杯2024では、圧倒的なプレーでU-23日本代表を牽引し優勝に導いた松木玖生選手。

それだけに、パリ五輪での松木玖生選手の活躍に期待を寄せていたサッカーファンも多かったのではないでしょうか。

しかし、その松木玖生選手の名前は最後まで読まれず、本戦メンバーから落選したことでSNS上は騒然となりました。

メンバー発表後、メディアなどでは松木玖生選手の落選は怪我などのトラブルによるものなのかとの憶測も飛んでいました。

しかしメンバー発表前の6月30日に開催されたアビスパ福岡戦では90分フル出場しており、怪我をしている様子は確認できませんでした。

6月22日の湘南ベルマーレ戦では89分、6月26日のコンサドーレ札幌戦でもフル出場をしているのでコンディションの問題とは考えにくいですよね。

今季はFC東京で16試合に出場し、2得点4アシストを記録するなどの非常に好調なプレーを見せていました。

それだけに今回のメンバー落選には驚きを隠せなかったファンも多いようです。

松木玖生は移籍が理由で落選した?

松木久生,パリ五輪,移籍
引用:Yahoo!ニュース

ある意味パリ五輪本戦メンバー発表時のサプライズとなった松木玖生選手の落選ですが、実は代表チームディレクターである山本氏は下記のようなコメントを残しています。

松木玖生選手には移籍の可能性があり、万が一移籍をした場合に
移籍先のクラブから五輪参加の承認が取れる確証がありませんでした。

報道によると、現在松木玖生選手が所属しているFC東京はパリ五輪への参加を承認していたそうです。

ただ、その水面下では兼ねてから噂されていた欧州移籍の話が進んでいたらしく、万が一移籍をしてしまった場合にそのクラブからパリ五輪への参加許可が取れる確証がなかったとのこと。

本来であれば欧州の夏はシーズンオフの時期でもあり、その時期に代表戦を行うことに対して否定的な考え方をしているクラブも少なくありません。

現にレアルソシエダの久保建英選手は23歳以下ながらパリ五輪には一切関与していませんよね。

欧州の国々にとって五輪はさほど重要な大会ではなく、無理をして怪我をすれば次のシーズンに少なからず影響が出るリスクもあるだけに選手の召集を拒否するクラブもあるほどなんです。

それだけに、万が一松木玖生選手の欧州クラブへの移籍が決定してしまうと、そのクラブが召集を拒否することも考えられます。

そのような事態を避けるために、今回松木玖生選手はパリ五輪へのメンバーから外れてしまったといえるのではないでしょうか。

移籍先の大本命はオランダ1部との報道も!

松木久生,パリ五輪,移籍
引用:Jリーグ公式サイト

移籍の関係で松木玖生選手がパリ五輪のメンバーから外れたとなると、気になるのはどのクラブに移籍をするのかですよね。

7月5日時点ではまだ具体的な報道は出ていないものの、直近の報道ではオランダ1部のSCヘーレンフェーンが移籍先として有力視だと噂されています。

過去にはスペインのマジョルカやイングランドのアストンビラなどが獲得に乗り出したとの報道がありましたが、結局移籍話はまとまらずに実現はしませんでした。

ただ、松木玖生選手は昔かた海外志向が強い選手として知られており、年齢的にも今夏の欧州移籍が確実視されています。

現時点ではSCヘーレンフェーンが最有力先として見られていますが、今後多くのクラブが獲得レースに参戦するとの見方もされており、まさに今夏の欧州の移籍マーケットを賑わす存在になるのではないでしょうか。

まとめ

以上、今回はパリ五輪メンバーから落選したことで話題となったU-23日本代表の松木玖生選手について紹介しました。

最後に本記事で紹介した内容を復習すると、

・落選理由は?
→欧州移籍の話が進んでおり、新チームで五輪参戦の許可が降りるか分からなかったから
・今夏の移籍先の最有力先はどこ?
→オランダ1部のSCヘーレンフェーンが本命といわれている

上記のようになります。

パリ五輪への不参加は非常に残念ですが、松木玖生選手のキャリアを考えると今はパリ五輪より欧州移籍の方に集中したいのかもしれませんね。

果たして松木玖生選手はどのクラブに移籍を果たすのでしょうか。

パリ五輪でのU-23日本代表の活躍と同時に、こちらの移籍情報にも目が離せない夏となりそうです。

目次
閉じる