【総まとめ】新空港占拠12人の獣の正体予想!画像比較と確定キャストも全て紹介

ドラマ『Destiny』(亀梨和也・石原さとみ)第9話で終わり?酷評で打ち切り?気になる真相は!

6月4日に石原さとみさんが主演のドラマ「Destiny」が最終回を迎えました。

最終回についてロマンチックで素晴らしかったという声や、しっかりと物語を解決できていて素晴らしい最期だったという声もありますが、不評の声もいくつかあり、その中には「打ち切りではないか」と言われることもあります。

本当に打ち切りなのか?ということを今回は紹介していきます。

目次

ドラマ「Destiny」とは?

「Destiny」は、石原さとみさんが演じる女性検事「西村奏」が、大学時代に起きた事件にかかわったことをきっかけに、中学生の時に死んだ父についての真相や大学時代にできた仲間とともに、様々な部分に話が広がっていくというものです。

主人公が事件などを通じてどのように成長していくのかというところが見どころであり、亀梨和也演じる初恋相手の「野木真樹」と安藤政信さん演じる現恋人の「奥田貴志」との関係性がどうなっていくのかなどが見どころであります。

作品を進めるにつれて、色々な話題が広がっていくストーリーも特徴的です。


ドラマ「Destiny」は打ち切り?全9話までの放送が判明!

ここから本題の打ち切り疑惑に関して紹介しますが、ワンクールで行うドラマと言えば、近年は12話程度は存在しているのですが、それに比べると3話ほど短くなっています。

そう考えると確かに打ち切りにも思えますが、本当にそうなのでしょうか?

ここからは、どうして全9話で最終回なのかを紹介していきます。

最終回が早い理由は視聴率が原因?

早期最終回というと、一番に考えるのは視聴率が悪いのではと考えられます。

では、本当に視聴率が悪いのかどうかを検討するにあたり、これまでの視聴率を見ることとしましょう。

第1話 7.9%
第2話 7.3%

第3話 6.8%
第4話 7.5%
第5話 7.2%
第6話 7.6%
第7話 6.7%
第8話 8.0%
最終話 8.3%

視聴率はおおよそ7%~8%付近で推移しており、近年のドラマ視聴率を考えるとそこまで悪くはありません。

例えば、アクマゲームは視聴率が2~3%とかなり数字が悪いと言われているのですが、それに比べればかなりいいほうです。

よって、視聴率は原因にはなっていないと考えられます。

最終回が早い理由は?打ち切りじゃない!

視聴率が打ち切りではないとなると、その他に理由があると考えられますが、実は同じような話数で終了している作品は他にもあります。

全9話 マルス-ゼロの革命- 平均視聴率3%台
全9話 シッコウ!!~犬と私と執行官~ 平均視聴率8.0%
全9話 科捜研の女シーズン22 平均視聴率9.0%

他にも同じように9話で終わるケースの作品があるのですが、テレビ朝日のこの時間帯にやっているドラマは9話で終了するという流れがあるようです。

なので、元々9話で完了するという流れができているのが原因かと思われます。

Destiny登場人物・キャスト

ここからは、「Destiny」のキャストについて紹介します。

既に終了している作品ですが、あらためてどんな人たちが出ていたのか、これから見てみたいと思っている人にも簡単に人物紹介をしていきますので、しっかりと見てください。

西村奏(にしむら かなで)〈35〉:石原さとみ

石原さとみさんが演じる西村奏は、「横浜地方検察庁」中央支部の検事です。

本作品の主人公であり、中学3年生のときに、父が事件に巻き込まれて亡くなってからはふさぎ込んでいる感じだったが、大学で出会った仲間とともに徐々に明るさを取り戻したのだが・・・。

そこから12年たち、検事としての仕事をしている時に大学時代に起きた事件をきっかけに、父の事件などいろいろな事の真相が解明されていきます。

野木真樹(のぎ まさき)〈35〉:亀梨和也

「野木真樹」は亀梨和也さんが演じており、大学時代に西村奏の初恋の相手として出てくるキャラクターです。

横浜の名家で、父は弁護士という家系であるが、父との不仲から西村と同じ大学を受験した後、大学2年の夏に受けた試験のとき、隣に座っていた奏と出会い、仲良くなっていく。

12年後に再び奏の前に姿を出すのですが、そこから再びいろいろな事が動くきっかけとなる人物の一人です。

森知美:宮澤エマ

宮澤エマさん演じる「森朋美」は、奏の大学時代の友人の一人であり、弁護士を目指していた頭のいい女性です。

大学時代も常にトップ成績を収めており、行動力も高い女性です。

大学時代の友人である、梅田祐希と結婚しており、物語が始まるときには苗字も梅田となっています。

梅田祐希(うめだ ゆうき):矢本悠馬

矢本悠馬さん演じる「梅田祐希」は、森知美と夫婦になっており、彼も奏での大学時代の友人の一人です。

やや気弱な部分はありますが、その分他人の心の内を読む力に長けているところがあり、心優しい一面もあります。

ムードメーカー的なところは卒業後も変わらず、本作品でも作中にて明るさを感じられます。

及川カオリ(おいかわ カオリ):田中みな実

色々な作品で妖艶で独特な演技を発揮してくれる田中みな実さん演じる「及川カオリ」は、奏の大学時代の仲間の一人です。

ドラマ登場時は野木真樹の恋人として登場しており、作品中にて奏との関係性が気になる立場の人物であります。

親が病院を経営する名家の娘であり、大学時代には華やかな容姿のため羨望のまなざしで見られており、一見すると順風満帆な所がありますが、どこかさみしがりな側面を見せる人物です。

まとめ

Destinyは打ち切りではないかと思われていますが、実のところ打ち切りではなく元々9話で終了することが予定されていたものと思われます。

作品的にもしっかりと完結しており、視聴率も近年からすれば悪くない数字だったと言えるでしょう。

好評な声も多くあったので、作品としては悪くない出来だったのではないでしょうか。

まだ作品を見ていない人も、もう一度作品を見たいという人も、気になった方は動画配信サイトなどで見てください。

目次
閉じる