【総まとめ】新空港占拠12人の獣の正体予想!画像比較と確定キャストも全て紹介

注目の夏ドラマ「海のはじまり」の第1話がホラーだと話題に!視聴者の反応などまとめ

2024年も下半期に突入し、徐々に新たな夏ドラマの放送も開始されました。

数多くの作品が放送される今夏で、特に注目度が高かったのは目黒蓮さんと有村架純さんが主演を務める「海のはじまり」です。

「海のはじまり」は7月1日から放送がスタートしており、30分拡大して放送された初回では視聴率8%を記録。

他作品と比較すると、まずまずの発進と言えるのではないでしょうか。

しかし、ネット上では期待していたよりも面白くなかったとの声が続出しています。

中には「展開がホラー」だという声も散見されていますが、一体どのような点がホラーと言われているのでしょうか。

本記事では「ホラー」だと話題となった理由について、詳しく見ていきます。

目次

前評判の高かった「海のはじまり」がついに放送開始

2024年の夏ドラマの中でも一際期待値が高い作品として注目されていた「海のはじまり」の第1話が、7月1日に放送されました。

当作は「親子愛」をテーマにした作品で、自身初めての父親役に挑戦する目黒蓮さんや有村架純さんにとって8年ぶりの月9ドラマ出演になるなど、放送開始前からさまざまな要素で話題を集めていましたね。

7月1日に放送された「海のはじまり」の第1話について、簡単なあらすじを紹介します。

東京の印刷会社に勤務する月岡夏(目黒蓮)は、化粧品メーカーで働く百瀬弥生(有村架純)と交際をしていた。
ある日、夏のアパートで2人が夏休みの予定について計画していると、突然夏のスマートフォンに電話がかかってくる。それは大学時代に交際していた恋人の訃報だった。
翌日、夏は実家に帰りかつての恋人である南雲水季(古川琴音)の葬儀に参列。
そして葬儀場で夏は水季の家族らと共に参列していた1人の女の子の姿を目にする。

「海のはじまり」は「Silent」の制作陣が再集結したオリジナル作品

「海のはじまり」は2021年に大ヒットしたドラマ「Silent」の制作陣が中心となって制作された作品としても話題を集めました。

目黒蓮さんは前作に引き続き今作でも主演を務めましたが、それ以外にも1話から早速劇中の台詞回しやカメラアングルなど、随所で「Silent」を連想させるシーンが多く見られましたね。

また、作中では「Silent」に引き続き、大人気バンド・スピッツの曲を挿入歌として採用。

第1話では回想シーンで「渚」が流されて、夏と水季のワンシーンを彩っていました。

また葬儀のシーンで夏が水季の子供である海にワイヤレスイヤホンを渡して、水季の動画を見せるシーンでも「Silent」を連想した視聴者は多かったのではないでしょうか。

今後物語が進むにつれて、スピッツの他の曲が流れるのか、「Silent」と重ねる演出などがあるのかなどにも注目しながら楽しむのも面白いかもしれません。

注目の第1話は期待はずれ?ホラーだったとの声も

放送前からかなり期待値の高かった「海のはじまり」ですが、実際に第1話を視聴した人の中では「期待はずれだった」との声も多く上がっています。

今後の展開に期待する声も多い一方で、がっかりしたとの声も多く、評価としてはかなり割れている印象を受けました。

このような評価になった理由として、主に下記の2つの理由が原因と挙げられています。

  1. 月9ドラマにしては展開が重すぎる
  2. 内容が「マイガール」と酷似

それぞれ詳しく見ていきましょう。

理由①月9ドラマにしては展開が重すぎる

大学時代の元恋人が亡くなり、その恋人が知らない間に自分との子供を産んでいた。

こういった「海のはじまり」のストーリーが月曜日に見るドラマとしては重すぎるという声も多く上がっています。

特に30分拡大して放送された第1話では終始重い雰囲気と内容で物語が進み、その作風に息苦しさを感じた方が多かったようです。

理由②内容が「マイガール」と酷似

2009年に相葉雅紀さん主演で放送された「マイガール」と、「海のはじまり」の内容がそっくりだという指摘も多く見られています。

「マイガール」は、6年前に別れた後に亡くなった元恋人が自分との子供を産んでいたことを知り、青年が元恋人に変わって子育てに挑戦する模様が描かれた作品でした。

確かに「海のはじまり」の内容とかなり似ていますよね。

今後の展開次第ではありますが、「マイガール」の二番煎じでつまらない!といった感想を持った視聴者も少なくなかったようです。

ホラーと言われる理由は?

海のはじまり,ホラー,評価
引用:Yahoo!ニュース

最後に、「海のはじまり」がホラーだと言われる理由について紹介します。

7月1日に放送された第1話では、目黒蓮さんが演じる夏が大学時代に交際していた元恋人の葬儀場で自分との子供を隠れて産み、育てていたことを知る内容が描かれていました。

しかし水季は妊娠した際に夏に一方的に中絶同意書にサインをさせており、またその後一方的に別れを切り出して夏の元から離れています。

その後隠れた子供を産み、その子供に父親である夏の自宅への行き方を教えている場面などもあり、そういったシーンを見た視聴者からは「怖すぎる」といった声が上がっていました。

また、亡くなった水季の家族から叱責される場面にも違和感を覚えた方も多かったようで、「展開がホラーすぎる」との評価が広まったようです。

まとめ

以上、今回は2024年夏ドラマの中でも特に期待値の高かった「海のはじまり」が、つまらない・ホラーと言われる理由について紹介しました。

最後にこの記事の内容をまとめると、

つまらないといわれる理由
→話が重すぎる、マイガールに似てる、など
何故ホラーといわれた?
→水季の行動に共感できず、逆に怖いとの声が多かったため

上記のようになります。

まだ第1話のみの放送ですか、ネット上を見る限りではかなり評価の分かれる作品のようですね。

ここからの展開次第で多くの視聴者が感じた違和感を拭うことはできるのでしょうか。

まずは7月8日に放送される第2話に注目しましょう。

目次
閉じる