学会概要

1967年4月,土壌動物に関心を持つ75名の研究者により,本学会の前身である日本土壌動物研究会が発足しました.同年10月には第1回の研究会が京都で開かれ, 12月には会誌Edaphologiaが創刊されました.
日本土壌動物研究会は活発に活動を展開しました.発足から11年の間に,研究会を13回開催し,会誌を17号発行し,日本の土壌動物学の基礎を固めるのに大きく貢献しました.また会員数も増え,もう学会になってもおかしくない状態になりました.そこで研究会は1978年5月に学会に移行しました.日本土壌動物学会の誕生です.
学会移行以後,毎年1回大会を開催し,2007年はちょうど30回大会でした.会誌Edaphologiaは2008年末現在で83号を数え,また,さらに1988年に創刊された連絡誌 「どろのむし通信」も2009年2月に48号が発行されました.
現在の正会員数は約310 名です.上にも紹介した「大会を開催」,「会誌Edaphologiaの発行」,「連絡誌どろのむし通信の発行」が,現在本学会が行っている主な事業です.入会案内はこちら

工事中

◆会長
武田博清

◆幹事
(庶務)長谷川元洋
(会計)菱拓雄 
(編集)唐沢重考

◆評議員
唐沢重考、金田哲、一澤圭、長谷川元洋、中村修美、橋本みのり、中森泰三、永野昌博、豊田鮎、澤畠拓夫、布村昇、肘井直樹、南谷幸雄、 萩野康則、岡田浩明
事務局長 長谷川元洋

◆会計監査
調整中

受賞年度 氏名 所属
1988年 今立源太良 東京医歯大学 功労賞
武田博清 京都大学 奨励賞
1989年 青木淳一 横浜国立大学 功労賞
1990年 北沢右三 故人 功労賞
1991年 田村浩志 茨城大学 功労賞
中村好男 東北農業試験場 奨励賞
石井 清 獨協医科大学 奨励賞
1992年 新島溪子 森林総合研究所 功労賞
金子信博 島根大学 奨励賞
1993年 渡辺弘之 京都大学 功労賞
伊藤良作 昭和大学 奨励賞
1994年 布村 昇 富山市科学文化センター 功労賞
藤田正雄 自然農法国際研究開発センター 奨励賞
1995年 森川國康 松山東雲短期大学 功労賞
佐藤英文 鶴見女子高等学校 奨励賞
1996年 石川和男 松山東雲女子大学 功労賞
松本貞義 近畿大学 奨励賞
1997年 芝 実 松山東雲短期大学 功労賞
伊藤雅道 森林総合研究所 奨励賞
1998年 篠原圭三郎 千葉県市原市 功労賞
中村修美 さいたま川の博物館 奨励賞
1999年 近藤正樹 白梅学園短期大学 功労賞
栗城源一 奥羽大学 奨励賞
2000年 吉田利男 信州大学 功労賞
萩野康則 千葉県立中央博物館 奨励賞
2001年 福山研二 林野庁 功労賞
平内好子 富山県民生涯学習カレッジ 奨励賞
2002年 寺田美奈子 神田外語大学 功労賞
田辺 力 徳島県立博物館 奨励賞
2003年 武田博清 京都大学 学会賞
頭山昌郁 広島大学 研究奨励賞
2004年 金子信博 横浜国立大学 学会賞
石塚小太郎 成蹊中学高等学校 研究奨励賞
2005年 斎藤 晋 群馬県立女子大学 学会賞
長谷川元洋 森林総合研究所 研究奨励賞
2006年 吉田勝一 岩手大学 学会賞
澤畠拓夫 株式会社 当間高原リゾート 研究奨励賞
2007年 島野智之 宮城教育大学 研究奨励賞
2008年 石井 清 濁協医科大学 学会賞
唐沢重考 福岡教育大学 研究奨励賞
2009年 伊藤良作 昭和大学 学会賞
吉田智弘 東京農工大学 研究奨励賞
2010年 須摩靖彦 北海道釧路市 学会賞
中森泰三 横浜国立大学 研究奨励賞
2011年 田中真悟 福岡県福岡市 学会賞
南谷幸雄 高知大学 研究奨励賞
2012年 中村修美 埼玉県立自然の博物館 学会賞
一澤 圭 鳥取県博物館 研究奨励賞
2013年 栗城源一 奥羽大学 学会賞
長谷川真紀子 昭和大学 研究奨励賞
2014年 伊藤雅道 駿河台大学 学会賞
永野昌博 大分大学 研究奨励賞
2015年 鶴崎展巨 鳥取大学 学会賞
金田 哲 農業環境技術研究所 研究奨励賞
2016年 長谷川元洋 森林総合研究所 学会賞
坂寄 廣 茨城県下妻第二高 研究奨励賞
2017年 島野智之 法政大学 学会賞
池田紘士 弘前大学 研究奨励賞